資格の部屋、主に資格と名所について取り上げます。

きんげの部屋

「読書」 一覧

山岡荘八「日蓮」

日蓮上人を知るなら、山岡荘八の「日蓮」がおすすめ

2020/04/20   -読書
 

小説「山岡荘八 日蓮」の表紙には白い猿が描かれていますが、鎌倉や逗子には日蓮と白猿にまつわる言い伝えのある寺院は多いです。 1260年に日蓮は「立正安国論」を北条時頼に提出しましたが、その書物で他宗を ...

東慶寺花便り

「東慶寺花だより」東慶寺は幕府公認の縁切寺

2020/02/18   -読書
 

映画「駆け込み女と駆け出し男」を観たのがきっかけで、原作にも興味が湧いたので読んでみました。 「駆け込み女と駆け出し男」の原作とされているのが、井上ひさしさんの「東慶寺花だより」という小説です。 &n ...

山岡荘八「毛利元就」

山岡荘八「毛利元就」、戦国一の謀将を題材とした作品

2020/01/21   -読書
 ,

日本では、戦国時代というと織田信長を中心になりがちなので、信長と37歳年の離れた毛利元就になると老人のイメージで描かれていることが多いです。 信長が出てくる頃になると、毛利家は大内家を滅ぼして尼子家を ...

山岡荘八・織田信長

山岡荘八の「織田信長」はやさしい人?小説の見所は?

2020/01/08   -読書
 ,

掃除をしていたら山岡荘八氏の「織田信長」が見つかったので、ここ数日は暇をみつけては読んでました。   織田信長といえば、戦国時代の好きな武将で常に1位になるほどの人気の人物です。 2位以下は ...

リスの読書

山岡荘八の歴史小説のおすすめランキング5

2019/12/06   -読書
 

十代の頃に読んだ「徳川家康」がきっかけで、山岡荘八作品を読むようになり、今読んでいる「徳川慶喜」を読み終われば、山岡荘八歴史文庫100巻の全読破になります。   中学生の頃に吉川英治「三国志 ...

【破軍の星】南北朝時代の英雄「北畠顕家」が主人公の歴史小説

2019/11/28   -読書
 ,

北方謙三「破軍の星」を読みました。   破軍の星の主人公は、足利尊氏のライバルとして活躍した南北朝時代の北畠顕家です。   日本人に人気があるのは何といっても戦国時代で、鎌倉時代末 ...

司馬遼太郎の「三浦半島記 街道をゆく四十二」を読んでほしい人

2019/04/28   -読書
 , , , ,

司馬遼太郎氏の「三浦半島記 街道をゆく四十二」を読みました。 管理人は、横浜や鎌倉、逗子といった三浦半島で育ったので、地元のよく知っている地域が出てくるこの本は読んでいて楽しいです。 管理人は、地元が ...

初心者向けの推理小説

「紀州のドン・ファン」今更ながら読んでみました

2019/04/26   -読書
 ,

2018年5月に急死して、殺人がうわさされている野崎幸助さんが書いた「紀州のドン・ファン」を今更ながら読みました。   紀州のドン・ファンこと野崎幸助さんは、2018年5月に急死しましたが、 ...

八つ墓村のモデルとなった「津山三十人殺し事件」

2019/03/20   -読書
 ,

横溝正史の作品で有名な「八つ墓村」は、実際に起きた事件をモデルにしているといわれています。   八つ墓村のモデルとなった事件が、昭和13年5月21日に岡山県の津山で起きた「津山三十人殺し」と ...

初心者向けの推理小説

殺人事件を描いたノンフィクション作品ベスト5

2019/03/18   -読書
 ,

管理人は、中学生の時に三国志を読んで以来、常に本を持ち歩いて移動時間や空き時間に本を読んでます。 マンガも読みますが、マンガだとすぐに読み終わってしまうので、小説を好んで持ち歩きます。   ...

「督促OL」コメディタッチで読みやすい

2019/03/17   -読書
 

昨年の11月に、新潟に旅行に行ったのですが、その際に旅のお供として購入したのが「督促OL 修行日記」と「督促OL 奮闘日記」の2冊です。   旅行に行く時の本は軽い内容のものにしています。 ...

司馬遼太郎の「峠」は、越後長岡藩の河井継之助が主人公の歴史小説

2019/02/17   -読書
 ,

司馬遼太郎の歴史小説「峠」を読みました。   峠の主人公は、現在の新潟県長岡市にあった長岡藩の家老河井継之助です。   長岡花火大会のついでですが、この本を読んだのがきっかけで、新 ...

禁煙をしてから10年以上が経ちました

2019/02/13   -読書
 

掃除をしていたら昔の日記が出てきたので、パラパラとめくっていたのですが、どうやら昨年末で禁煙してから10年が経っていたようです。 さすがに10年も経つと、タバコを吸いたいと思うことは、まずありません。 ...

今も続く「えた・非人」に対する差別の歴史

2019/01/31   -読書
 

ほとんどの不動産会社は、不動産協会、宅建協会のいずれかの協会に所属しているのですが、協会からは「同和地区の所在について答えないように」との通知を受けています。   開業した頃は、同和問題につ ...

本の紹介「そして誰もいなくなった」「不如帰」「劉裕」「蘭陵王」

2019/01/08   -読書
 ,

最近読んだ本の中から、面白かったものを紹介します。 今回紹介する本は、以前本屋で購入して読まずに積み重なっていた本の中から正月休みを利用して読んだものなので、新しいものはありません。 古い本ばかりです ...

Copyright© きんげの部屋 , 2020 All Rights Reserved.