資格の部屋、主に資格と名所について取り上げます。

きんげの部屋

鎌倉

【覚園寺】薬師三尊と十二神将

投稿日:2020年6月13日 更新日:

新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が解除されたので、鎌倉の観光客がどれくらいいるか確認をしに行ってきました。

横浜はだいぶ人出が戻りましたが、鎌倉は以前と比べてかなり少ないです。

特に報国寺周辺は人が少なく、もともと外国人観光客が多かった場所なので、外国人の入国が制限されている現在は周辺がガラガラでした。

報国寺の後、杉本寺、荏柄天神をのぞいた後、ついでに源頼朝の墓参りにも行きました。

 

その後に鎌倉宮の前を左に曲がって「覚園寺」に行きました。

覚園寺は、鎌倉でも特に文化財が多い寺院です。

 

鷲峰山 覚園寺

覚園寺は、山号を鷲峰山(じゅぶせん)という真言宗泉涌寺派の寺院です。

鷲峰山 覚園寺

宗派 真言宗泉涌寺派

建立 永仁四年(1296)

開山 智海心慧(ちかいしんえ)律師

開基 北条貞時

 

覚園寺山門

覚園寺山門

 

北条貞時は、8代執権時宗の嫡男として文永8年(1272)に生まれ、得宗家の当主と9代目執権になっています。

 

「建保六年(1218)、二代執権・北条義時が、戌神将のお告げにより建てた薬師堂が前身です。その後九代執権・北条貞時が、元寇が再び起こらぬことを願い、戒律を中心とした四宗(真言・天台・禅・浄土)見学道場に改めました。

本堂の薬師三尊坐像と十二神将像は鎌倉屈指の尊像です。奥深い境内は静寂としていて、古都鎌倉の面影をよく残しています。

地蔵堂の黒地蔵尊の縁日(八月十日)には、多くの参拝者が訪れます。」

覚園寺案内より

 

スポンサーリンク

薬師三尊像と十二神将

覚園寺の前身は、二代執権義時の作った大倉薬師堂といいます。

本尊は薬師三尊で、神秘的な美しさがあります。

本尊の左右には、十二神将が立ち並んでおり、その迫力は見る人を圧倒します。

 

将軍実朝が公暁に殺害された時、義時は十二神将の戌神(いぬがみ)に導かれたおかげで難を逃れることができました。

北条氏と縁が深い寺院ですが、足利尊氏も尊崇していたそうです。薬師堂の棟札には、尊氏の自筆が残っています。

 

他にも、愛染明王坐像、不動明王坐像、阿閦如来坐像、木造地蔵菩薩立像、鎌倉十井の一つ「棟立の井(非公開)」といった貴重な文化財があります。

 

拝観のルール

覚園寺には独自の拝観の決まりがあります。

まず、境内受付から奥は写真撮影が禁止されています。

覚園寺の撮影禁止

これより先は撮影が禁止されています。

 

拝観の際は、案内開始時間が決まっていて、案内者と一緒に拝観します。

案内時間は50分で、拝観開始は1時間ごとです。

 

拝観時間 10時~

平日開始時間 午前10時・11時、午後1時・2時・3時

土日祝日のみ12時開始あり

 

拝観料 大人500円、小中学生200円

 

毎年八月十日は黒地蔵盆

覚園寺の地蔵は黒地蔵といわれており、黒地蔵像と一緒に千体地蔵も祀られています。

毎年八月十日は、黒地蔵盆として多くの人がここを訪れます。

 

ここ覚園寺は、鎌倉二十四地蔵尊の三番札所です。

 

スポンサーリンク

覚園寺のアクセス

所在地 神奈川県鎌倉市二階堂421
アクセス JR「鎌倉駅」の東口4番乗り場から、大塔宮行きのバスに乗り、「大塔宮」バス停で下車。バス停から徒歩10分
自動車 「朝比奈インター」で下りて、「朝比奈」交差点を鎌倉方面に進み、「岐れ路」交差点を大塔宮に向かい、大塔宮を左に進む

無料の駐車場はありますが、途中の道が狭かったです。

駐車場は、覚園寺の手前を左に入って行きます。

覚園寺駐車場

途中の道は狭いですが、駐車場は広々としてます。

 

次回

来週は、宿屋光則の「光則寺」に行きます。

 

日蓮は、北条得宗家に仕えた宿屋光則を通して、北条時頼に立正安国論を差し出しました。

 

光則は、日蓮の高弟の一人日朗の身柄を預かっていましたが、日蓮と接することで光則は教えに感じ入り、やがて帰依するようになります。

光則は自分の屋敷を寺に改め、日朗を開山に向かえて光則寺としました。

光則寺入口

光則寺の門

 

-鎌倉
-,

Copyright© きんげの部屋 , 2020 All Rights Reserved.