資格の活用を考える、主に資格と名所について取り上げます。

きんげ

横浜

「港の見える丘公園」横浜を代表する公園を散策しました

投稿日:2018年9月13日 更新日:

前回、元町ショッピングストリートから徒歩でアメリカ山公園に向かおうと思いましたが断念しました。

元町を散策!石川町駅で降りて横浜元町商店街に行ってきました

幕末後に横浜が開港されたことで外国人が付近に住むようになり、横浜の「元町」には外国人向けのお店が立ち並ぶようになったそうです。 元町は、今でもおしゃれなエリアと知られており、多くの観光客が訪れる人気ス ...

続きを見る

 

今回は、日を変えてアメリカ山公園からスタートです。

アメリカ山公園へ行った後は、「港の見える丘公園」が近いので、そのまま徒歩で港の見える丘公園に行きました。

港の見える丘公園は、山下公園と並ぶ横浜を代表する公園のひとつです。この公園はデートスポットとしても人気があっておすすめです。

 

アメリカ山公園

アメリカ山公園は、パット見はどこにでもある公園ですが、実はこの公園はみなとみらい線の「元町・中華街駅」へエレベーターで直結しています。

アメリカ山公園のような公園を立体都市公園と呼ぶそうで……、立体都市公園は日本でも数少ないそうです。

公園付近には、外国人が多く住んでいるので外国の子供を多く見かけました。

アメリカ公園からは、みなとみらいの建造物が見え、夜景もきれいです。冬は、公園内がライトアップされるのでデートにもおすすめです。

 

この一帯は終戦後にアメリカ軍に接収されましたが、1971年に返還されて国有地となり、2004年に横浜市が国から取得して「アメリカ山公園」として整備してオープンさせました。

 

港の見える丘公園へ、所在地とアクセス

「アメリカ山公園」から「港の見える丘公園」へは、緩やかな坂を5、6分くらい歩くと着きます。

 

所在地 〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町114
アクセス JR「石川町駅」から徒歩20分、または、みなとみらい線「横浜・中華街駅」から徒歩5分
駐車場 なし

 

アメリカ山公園から港の見える丘公園に向かう途中の道には、「横浜地方気象台」の施設があります。

一般公開時間内であれば、施設の中に入ることも可能です。

年季を感じさせる「横浜地方気象台」の標識

 

横浜地方気象台入口の近くには、外国人墓地の資料館があります。

外国人墓地の資料館の前を通って左に曲がって少し歩けば、「港の見える丘公園」が見えてきます。

 

山手は、外国人が多く住む街としても知られており、日本人よりも外国人に向けた不動産投資をしている人もいます。

米軍関係の人であれば、外国人にとって家賃は無料なので空室率も悪くありません。

 

港の見える丘公園はカップルが多い

平日だったので公園内は人が少なかったです。

管理人が公園内に入ってみると、結婚式中のタキシードを着た花婿とウェディングドレスを着た花嫁がいて、仲間と一緒にワイワイガヤガヤやってました。

 

港の見える丘公園には、駐輪場らしきものは見当たりませんが、公園内の入り口付近に置いている人が多いです。

公園内に駐輪している人も何人かいました。中にはレンタル自転車で訪れている人も見かけました。

 

港の見える丘公園にある案内図です。案内図は、公園内に入って広場まで進むと左手に設置してあります。

 

港の見える丘公園は、大佛次郎資料館に隣接しています。

港の見える丘公園に入ってすぐ右手に大佛次郎資料館へと続く道があります。車通りから回っても行けます。

 

公園内には、トイレもあります。

 

港の見える丘公園の現在展望台になっている高台の周りには、幕末から明治の初めにかけてイギリス軍兵舎がおかれ、山のすぐにはフランス軍が駐屯していた記録があります。

その後高台にはイギリス総領事公邸が、側にはフランス領事館が建てられ、現在イギリス総領事公邸がそのまま横浜市イギリス館として市民に利用されています。フランス領事館は、既になくなっていますが、フランス領事館邸遺構、フランス橋、フランスより寄付されたパルタールパビリオン等が今でもフランスの名残を残しています。

本公園は昭和37年(1962年)に開園しました。噴水と緑の芝生の沈床花壇、バラや季節の花が咲くローズガーデンは多くの人々を楽しませてくれます。

海を臨む展望台や霧笛橋からは横浜港、ベイブリッジが見え、晴れた日には房総の山々を眺めることができます。

また、大佛次郎記念館、神奈川県近代文学館も公園内にあり、市内外より多くの観光客が訪れています。

 

「コクリコ坂から」の舞台は、この港の見える丘公園なんだそうです。

横浜が舞台だったので観に行きましたが、港の見える丘公園とは知りませんでした。

 

港の見える丘公園からは、横浜ベイブリッジがよく見えます。

 

マンションばかりですね。昼間はそんないい景色ではないですね。

見に行くのであれば夜景の方がいいかもしれません。

 

港が見える丘公園の夜景

港が見える丘公園から見た夜景。

 

フランス山地区へ

港の見える丘公園から「フランス山地区」へ行けます。

開園時間は、「4月から9月は午前6時から午後7時まで」「10・11・2・3月は午前7時から午後6時まで」「12月と1月は午前7時から午後5時まで」です。

 

この日は気温が30度を超えていたので、ベンチで座っているおじいさんもきつそうにしてました。

 

この橋を進んだ先がフランス山地区になります。

 

フランス山地区の公園内です。

写真中央に銅像がありますが、この銅像が「愛の母子像」になります。

1977年にアメリカの飛行機が墜落し、横浜市に住む親子が巻き込まれて亡くなるという痛ましい事故があったそうです。

この親子は、生前に海が見たいと言っていたそうです。

せめて海の見える場所に銅像を建ててあげようということで設置されたのがこの愛の母子像です。

 

フランス山の看板

フランス山地区には、多くの看板が設置されています。

 

幕末の外国人殺傷事件がきっかけで横浜にフランス軍が駐屯した結果、やがてこの地がフランス山と呼ばれるようになりました。

 

文久2年(1862) 生麦事件が起きる

文久3年(1863) フランス海兵隊横浜に到着、山手186番地に駐屯

明治8年(1875) フランス軍撤退

明治18年(1885) フランス人居留民の有志、領事館建設の請願書提出

明治27年(1894) 領事館・領事官邸新築工事着手

明治29年(1896) 3月領事館完成 12月領事官邸完成

大正12年(1923) 関東大震災により領事館・領事官邸倒壊

昭和5年(1930) 領事官邸再建

昭和22年(1947) 領事官邸、不審火で焼失

昭和46年(1971) 横浜市、フランス政府から山手185・186の土地を購入

昭和47年(1972) 港の見える丘公園フランス山地区として整備、開園

 

 

ジェラール瓦の歴史建造物は元町公園にありますね。

 

1896年、井戸水をくみ上げるために風車が設置されたそうです。

 

山下公園の様子

「大桟橋(おおさんばし)」と「山下公園」を散策してきました

  ここ最近は、頻繁に用事があって横浜へ週に何度も行っています。 合間に横浜にある中央図書館で横浜の観光スポットの本を何冊か読んでいたら、横浜を散歩してみたくなりました。   幕末 ...

続きを見る

-横浜
-

Copyright© きんげ , 2020 All Rights Reserved.