資格の活用を考える、主に資格と名所について取り上げます。

きんげ

三浦

三浦半島から橋を渡って「城ヶ島」に行ってきました

投稿日:2018年7月12日 更新日:

朝の5時に起きて、仕事へ行く前に三浦市の「城ヶ島」に行ってきました。

城ヶ島は、神奈川県の三浦半島の南に位置している島で、周囲約4kmの面積0.99k㎡の大きさをほこっています。

きんげ
江の島の面積が約0.4k㎡なので、城ヶ島は江の島の約2.5倍も広いということですね。

道路

立石公園と京浜急行久里浜線「三崎口」駅

仕事場に行く前に城ヶ島に行こうと思い、朝5時半過ぎに家を出てバイクで国道134号線を南に進んで城ヶ島へと向かいました。

平日の早朝6時だと、登り方面は車の量がそこそこ多いのですが、反対の城ヶ島方面へ向かう車は少なくて快適でした。

 

途中、地図でルートを確認するために立石公園へ寄りました。

 

立石公園

きんげ
石が立っていますが、自然にできたそうで、ここ立石は江戸時代から景勝地として有名だったようです。
「秋谷の立石」「森戸の夕照」行きは立石公園で帰りは森戸に、どちらも素晴らしい眺め

ゴールデンウィークが過ぎると少し寂しい気になります。 ゴールデンウィークを休むことなく仕事していた管理人でさえそう思いますので、皆さんはもっと寂しいのではないでしょうか。   横須賀の武とい ...

続きを見る

 

立石公園には、無料駐車場があるのでいつも混雑しますが、平日の朝6時だとガラガラでした。

ただし、天気が良かったりして富士山が見えるような日は、早朝でも満車になることがあります。

 

立石公園前の国道134号線をそのまま南下していくと京急久里浜線の終点駅「三崎口」駅にたどり着きます。

 

 

三崎口駅前は、畑が広がっていて「ザ・田舎の駅」といった雰囲気でした。

三崎口が三浦の最終の駅ですが、この先にも街があるせいか車で駅まで送ってもらうサラリーマンや学生の姿があって人は多い印象を受けました。

 

週末は「みさきまぐろきっぷ」の利用客で混むこともありますが、駅自体は東京や横浜にある駅とは違って随分と寂しい雰囲気です。

きんげ
駅前なのに畑が広がってますし

 

目指す城ヶ島は、三崎口からさらに南下した先にあります。

 

スポンサーリンク

城ヶ島大橋を渡るには料金がかかる、城ヶ島大橋の利用料金

城ヶ島へわたるには、城ヶ島大橋を渡っていくのですが、城ヶ島を利用するには料金がかかります。

ただし、城ヶ島に住んでいる住人は無料となっています。

きんげ
管理人は、バイクでいったので本来なら50円かかりますが、訪れたのが朝の7時過ぎ(営業時間外)だったので無料でした。

 

城ヶ島大橋の利用料金は、

二輪自動車(50㏄を超えるもの)と軽自動車は50円

貨物自動車と小型自動車(5、7ナンバー)は100円

普通自動車(3ナンバー)は150円

路線バスは200円、定員11人以上のバスは530円、特殊自動車は300円

となっています。

 

利用料金がかかる時間は、

3月から10月は、8:00から19:00

11月から2月は、8:00から18:00

でした。

これ以外の時間は料金無料です。

 

三浦半島から城ヶ島へと続く城ヶ島大橋

 

城ヶ島大橋

 

城ヶ島大橋の上からの眺めです。

 

県立城ヶ島公園の駐車場利用時間は8:00から

城ヶ島といえば、県立城ヶ島公園が有名ですが、駐車場は8:00からでないと利用できませんでした。

 

県立城ヶ島公園は、城ヶ島大橋を渡って直ぐの分かれ道を右に行った先にあります。

城ヶ島大橋へ行かずに坂を下りて行った先に「城ヶ島灯台」があります。

 

県立城ヶ島公園入口を右に行かずに下へ降りて行った場所には第2駐車場がありますが、そこも8:00からが利用時間となっています。

駐車場の利用料金は、普通車は1日450円二輪車は1日100円です。

 

 

かながわの景勝50選「城ヶ島と大橋」、白秋記念館

「城ヶ島と大橋」は、「かながわの景勝50選」にも選ばれています。

また、城ヶ島大橋は「かながわの橋100選」でも入っています。

 

城ヶ島第2駐車場と隣接する場所にかながわの景勝50選の石碑が立っています。

石碑が立っている場所からの眺めは個人商店が並ぶだけの景勝とは程遠い感じでしたので、白秋記念館の方に行ってみました。

 

城ヶ島と大橋の石碑から歩いて数分の場所に白秋記念館がありました。

 

北原白秋の「城ヶ島の雨」は白秋が城ヶ島に住んでいたころの作品だそうです。

 

 

記念館の前には、城ヶ島大橋があります。城ヶ島大橋の下に建物が建っている感じです。

 

 

島内は思ったよりも整備されてました。

 

 

白秋記念館の前からの眺めは、素晴らしい景観でした。

 

 

白秋に関連する石碑があったのですが、風化してなんて書いてあるかわかりませんでした。

 

城ヶ島大橋を下から眺めた写真です。

三浦半島と城ヶ島とはそんなに距離が離れているわけではなく、城ヶ島大橋が1960年に開通するまでは渡し船で半島と島を行き来していたようです。

 

城ヶ島公演を散策した時(馬の背同門・ウミウ展望台など)の様子はこちらで紹介しています。

横浜から城ヶ島へ片道50キロのプチツーリングの旅

休日の朝7時前に横浜を出発して、三浦半島の南端にある「城ヶ島」へプチツーリングに行ってきました。 以前城ヶ島に行ったときは車で行ったのですが、途中の道で渋滞に巻き込まれたため、今回はバイクで行ってみる ...

続きを見る

 

-三浦
-,

Copyright© きんげ , 2020 All Rights Reserved.