資格の部屋、主に資格と名所について取り上げます。

きんげの部屋

横須賀 逗子葉山

「秋谷の立石」「森戸の夕照」行きは立石公園で帰りは森戸に、どちらも素晴らしい眺め

投稿日:2018年5月11日 更新日:

ゴールデンウィークが過ぎると少し寂しい気になります。

ゴールデンウィークを休むことなく仕事していた管理人でさえそう思いますので、皆さんはもっと寂しいのではないでしょうか。

ぱんだ
楽をしたいから独立したのに1年間全く休みがないね
きんげ
まあ、しかたない。

 

横須賀の武というところに行く用事があったのですが、途中に景勝地として有名な場所がいくつかあります。

きんげ
武は、三浦半島の西側に位置します。

 

立石公園には、無料の駐車場があるよ

国道134号線は、海岸沿いを走る道路ですので、横を向けば一面の海なんて場所がたくさんあります。

鎌倉から逗子、葉山を超えてしばらく進むと、途中に公園があったので、休憩を兼ねて寄ってみることにしました。

 

公園をぐるりと回ってみると駐車場があります。

ちなみに、立石公園の駐車場は、無料の駐車場で最大で62台まで停められるそうです。

当日は、平日だったので車を停められましたが、土日だと停めるのが大変そうです。

立石公園の駐車場は、24時間駐車可能のようですが、7月から8月だけは朝6時から夜の8時までが駐車可能のようです。

横須賀市「立石公園」

にゃんこ
うーん、夏だと夜中まで騒ぐ人がいるからでしょうか。

逗子や葉山の海岸沿いでは、海の家の騒音がたびたび問題になってますからね。

 

スポンサーリンク

横須賀市秋谷の「立石公園」は古くからの景勝地だった

駐車場に回ってみると、ほかにもたくさんの車が停車してました。

駐車場の前には、「秋谷の立石」の石碑がありました。

きんげ
どうやらこの場所は、かながわの景勝50選の一つにも選ばれる場所のようでした。

家に帰ってから秋谷の立石を調べてみると、昔から景勝地として有名だった場所のようです。

立石とは、波打ち際に突き出した高さ12m、周囲約30mの巨岩の呼び名です。
この地は古くから景勝地として知られ、初代歌川広重が『相州三浦秋屋の里』を描いたのをはじめ、その後も多くの画家や写真家たちに愛されてきました。「関東ふれあいの道」「かながわの景勝50選」「横須賀風物百選」「横須賀市指定市民文化資産」にも選ばれています。また、昔から三浦七石の一つに数えられています。
今でも多くの人がこの地を訪れ、その美景に酔いしれます。

横須賀市「立石公園」より http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4130/sisetu/fc00000486.html

立石公園の立石というのは、この立っているように見える石のことのようです。

この立石が江戸時代からそのまま残っているということに感動します。

立石を見ていると、大嵐でよく崩れたりしないと変に感心しました。

きんげ
最近も大嵐の日がありましたが、管理人が住む近くの山では、がけ崩れが起きていましたからね。

直ぐ上の写真は、駐車場側から見た景色ですが、晴れていれば富士山が見えます。

にゃんこ
晴れていても乾燥してないとなかなか見えない。冬の晴れた日だと見えたりするよ。

立石と梵天と富士山

 

立石あたりは、岩場がごつごつしています。

きんげ
横須賀の海岸沿いは、黒い地層の凝灰岩が多いです。火山礫、火山灰が固まったものといわれています。

 

武からの帰り道、葉山を通ると夕陽が沈もうとするところでした

横須賀の武は、電車が通ってないのでクルマで行きました。

鎌倉からは、逗子、葉山を通って行くのですが、途中で森戸を通って行きます。

ゴールデンウィークにも森戸神社に寄りましたが、今回は前回と違って曇っていたので、同じ夕陽でも違った印象を受けました。

神奈川県葉山の森戸神社は有名なパワースポット、ゴールデンウィークにおすすめの「森戸の夕照」

世間はゴールデンウィークで賑わってますが、管理人はゴールデンウィークの間は仕事です。   管理人もゴールデンウィークをあじわいたいので、神奈川県の葉山にあるパワースポット「森戸神社」に実家の ...

続きを見る

 

鎌倉から近いのは、森戸、立石公園、武の順番です。

 

きんげ
夕陽を見るために景勝地を回ったこともありますが、景勝地でなくても夕陽は美しいというのが管理人の感想です。

富士山を見るために早起きしたこともありますが、富士山がなくても夕陽は美しいです。

 

森戸の夕陽を見るために森戸神社に寄りました。

森戸神社です。

森戸神社の裏には、数々の著名人の碑がありました。

 

源頼朝が衣笠城へ立ち寄る前に休憩した際、松を見て見事といったそうです。

千貫の価値があるということで「千貫松」と命名されたそうです。

 

周りの碑を巡っているうちに、日が暮れてきましたので、岩場の方へと歩いていきました。

岩場から江ノ島方面を見てみると、日が落ちるところでした。

今回は雲が出てたので富士山は見えません。

 

交通の便が悪いのに、なぜ葉山が人気あるのか分かった気がします。

 

立石公園へのアクセス

所在地 〒240-0105 神奈川県横須賀市秋谷3丁目5
アクセス JR「逗子駅」からバスで30分、また京急線「新逗子駅」からバスで30分

森戸神社の方が手前にあります。

 

森戸神社へのアクセス

所在地 〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
アクセス JR「逗子駅」からバスで15分、または京急線「新逗子駅」からバスで15分

 

 

 

-横須賀, 逗子葉山
-, ,

Copyright© きんげの部屋 , 2020 All Rights Reserved.