資格の部屋、主に資格と名所について取り上げます。

きんげの部屋

横浜

「大桟橋(おおさんばし)」と「山下公園」を散策してきました

投稿日:2018年8月7日 更新日:

 

ここ最近は、頻繁に用事があって横浜へ週に何度も行っています。

合間に横浜にある中央図書館で横浜の観光スポットの本を何冊か読んでいたら、横浜を散歩してみたくなりました。

 

幕末の頃の横浜は、100戸ほどの寂しい村だったのですが、黒船来航をきっかけに日本は開港し、横浜は日本を代表する国際港湾都市へと発展していったそうです。

横浜の港としての歴史は、大桟橋(おおさんばし)とともに大さん橋の付近一帯から始まったようなもので、横浜開港がきっかけとなって大桟橋付近には外国領事館や税関、商館などが建てられました。

「みなとみらい線 元町・中華街」から「山下公園」を通って「大さん橋」へ

大桟橋へは、みなとみらい線の「日本大通り」駅が最寄り駅なのですが、今回は「元町・中華街」で下車して「山下公園」を通って大さん橋へと向かいました。

山下公園からみなとみらい一帯には観光スポットも多くあります。大さん橋へ行った後は、山下公園や赤レンガ倉庫を回ってみるのもいいと思います。

山下橋側から「山下公園」に入った辺りです。この日の横浜の気温は35度を超えるという猛暑日でした。

 

あまりにも暑く、あまりにも日差しが強いので、日焼け目的で公園を訪れている人もいました。最初見た時は人が倒れてると驚きましたが、いくら何でも赤パン一丁はないかと思いスルーしました。

 

 

5月ごろに来た時は家族連れの人達がたくさんいましたが、この日はあまりの暑さで歩いている人は少なかったです。サラリーマンが日影で小休止してましたが、シャツが汗でびっしょりになってました。

きんげ
外国からの観光客だと思いますが、外国人だけが暑い中歩いて写真を撮ってました

 

ランドマークタワー

 ベイブリッジ

山下公園からは、大黒ふ頭やランドマークタワーといった横浜を代表するスポットが望めるのでデートにもおすすめです。大さん橋寄りの山下公園からは「横浜ベイブリッジ」が見えます。

 

 

山下公園内には観光船乗り場があります。観光船は横浜観光の人気スポットでもあります。

 

 

氷川丸は、マリンタワーと共に山下公園のシンボルです。氷川丸は300円で中に入ることができます。船と陸を結ぶロープが近くで見るととても太くて驚きました。

 

 

マリンタワーは誕生日は無料で中に入れます(下左)。

右の写真は山下公園から見たみなとみらいエリアです(下右)。ランドマークタワーやヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが見えました。

 

 

山下公園内の大桟橋側には、「インド水塔」というインド式の水飲み場の建造物があります。横浜市認定の歴史建造物と書いてありました。

 

 

インド水塔付近から見たみなとみらいエリアと大さん橋です。大さん橋には大きなの船が停泊してました。

 

横浜ベイブリッジもよく見えます。ろまんちっくですね。山下公園は、デートにも利用される人気のエリアです。

 

海岸通~大さん橋まで

山下公園を出たあと、大さん橋へは「海岸通」を通って行きます。

 

きんげ
海岸通は大さん橋を行き来するクルマで渋滞してました。あまりにも暑かったので海岸通を歩くだけで汗びっしょりになりました。

 

ベイブリッジ

歩道橋から見た横浜ベイブリッジ

 

大桟橋からの眺め

「山下臨港線プロムナード」から見た景色です。この写真はInstagramにも投稿しました。

 

横浜の港は、1859年に出来た2本の波止場から始まりました。大桟橋が出来る前は、「象の鼻」といわれている場所が波止場として利用されていました。象の鼻波止場は、あの「岩倉使節団」の出発地だったとか。

1894年頃、象の鼻の先端に桟橋が造られ、「鉄桟橋」とも呼ばれた。象の鼻は波止場としては使用されなくなり、「象の鼻防波堤」ともいわれるようになった。

「横浜今昔散歩 原島広至著  中経の文庫」

 

山下公園から7、8分歩いて何とか大さん橋に着きました。大さん橋には外国人がたくさんいました。外国の人は裕福でいいですね。

 

大型バスやタクシーが止まることなく入れ替わってました。

大さん橋ホールはイベントの会場として使用されることもあります。

 

大さん橋の様子と「くじらのせなか」からの景色

正しくは、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」というんですね。イベントで何度か行ってますが初めて知りました。

 

大さん橋の屋上は、「くじらのせなか」と呼ばれています。屋上(くじらのせなか)からは、停泊している豪華客船が目の前で見えました。豪華客船はまるでお城のような大きさでした。

 

 

屋上(くじらのせなか)はかなりの広さでした。大さん橋の一番先に行こうと思って歩きましたが、あまりの暑さのせいかすごく歩いた気がします。

猛暑日に屋上を進んでいくのは大変ですが、2Fなら屋根があるので2Fを進んでいくのが夏にはお勧めです。

大さん橋は屋上から見える夜景がデートスポットとして人気のようです。

 

屋上の一番奥は三方が湾に囲まれてるので、港町「よこはま」らしい写真が撮れると思います。

きんげ
管理人も海と関連する景勝地を巡っていますが、その場所から何が見えるかは重要ですね。

 

ちなみに、大さん橋の先端からは、乾燥していれば富士山が見えることがあります。

ある雑誌に横浜で富士山が見える場所として紹介されていたので行ってみましたが、山頂がわずかに見えるだけでした。

 

 

 

大さん橋の1Fや2Fにはレストランが入ってました。お土産屋さんもありました。

受付のある2Fには、旅行代理店や旅行のパンフレットのスペースがあります。

 

もう少し涼しいと家族連れやカップルが多いのですが、この日の気温は35度でしたので、屋上には若いカップルと夫婦がそれぞれ数組いた程度でした。

 

そういえば、管理人が帰ろうと大さん橋を出て駅へ向かう途中、おばあさんが倒れて救急車が来てました。

きんげ
暑い日々が続いているので、多分、熱中症だと思います。今年の夏は暑すぎる。

 

-横浜
-,

Copyright© きんげの部屋 , 2020 All Rights Reserved.