資格の活用を考える、主に資格と名所について取り上げます。

きんげ

体験記

測量士補のテキストが難しくて測量士補試験の勉強が全然進まない

投稿日:2018年4月3日 更新日:

測量士補試験の申出をしたものの、申し込んでから今まで一切勉強してませんでした。

今日は仕事が休みなので朝から自習室で勉強してましたが、ネットでいわれているほど簡単な試験ではなさそうです。

測量の資格、「測量士補」試験を申し込みました

測量士補の試験は、毎年5月に行われる国家資格の試験です。 テキストによれば、地図を作成するための技術や作業を総称して測量というそうです。 ほとんどの人には馴染みがないかもしれませんが、測量の技術は建設 ...

続きを見る

 

テキストも一応購入しましたが、購入した日にパラパラと読んで以来それっきりです。

テキスト6ページ目の測量士補試験概要のページにしおりが挟んであるのを見ると、ここまでは勉強したようですが、肝心の内容についてはまだ手付かずです。

しかも購入したテキストが、書店で買った新品なのに2年前の発行です。

ぱんだ
ばーろー

法改正が頻繁にあるような試験ではなさそうなので、まあ、大丈夫だとは思いますが、テンションだだ下がりです。

 

ネットで測量士補の体験記を見ると、勉強しないで合格したというものもありますが、あれは実務者とか既に知識がある人だと思います。

きんげ
計算問題を見ましたが、独特の問題が多くて全然解けません。

試験慣れしてる人であれば、独学でもいけるでしょうが、勉強から遠ざかっている人や資格勉強慣れしてない人は独学はきつそうです。

テキストを読んでも計算問題がとっつきにくく、現段階では比例計算と標準偏差の計算くらいしか解けそうもありません。

 

測量士補の過去問はWebサイトを利用するつもりです

テキストにも問題がいくつかありますが、テキストだけでは無理そうです。

資格試験において最重要視されるのが過去問ですが、測量士補試験でも同様のようです。

テキストの著者が運営する「測量士・測量士補 試験対策WEB」に過去試験の問題が掲載されているので利用させてもらおうと思っています。

 

計算問題の公式を覚える前に専門用語を覚える必要がありそうなのですが、聞いたことない専門用語が思ったより多いです。

 

解法のやり方を見ると図に書くことが大切のようです。

きんげ
とりあえず分からなくても解法を解説通り繰り返してマスターしてみます。

 

測量士補試験で使用されるギリシャ文字

士補試験では、たくさんのギリシャ文字が出てきます。

α(アルファ)、β(ベータ)、θ(シータ)、δ(デルタ)、π(パイ)、κ(カッパ)、ω(オメガ)・・・。

 

ωは、オメガと読むんです。

にゃんこ
(´・ω・`)<鼻じゃないんです。

 

慣れないとギリシャ文字を見ただけで拒否反応が出そうです。

 

問題を解くことに重点を置いて勉強していきます

おそらくこのままだと何度もテキストを読み返す時間は取れそうもないので、過去問を中心にした勉強でいきます。

測量士・測量士補 試験対策WEB」だとパソコンでの勉強ですが、管理人は本での勉強の方が慣れてるので、過去問題集を購入するかもしれません。

予想問題付なので一通り見てみましたが、やっぱり計算問題が想定していた以上にやっかいそうです。

調べてみたら、過去に出題された問題も繰り返し出てるようです。

きんげ
少しは希望がもてます。

 

受験者の声

実際に受験した人の声を集めてみると、

・実際に測量士補を受験した人の話によると過去の問題がそのまま出題されることもある。

・テキストはなくても過去問を繰り返し行えば合格できる。

・測量士補の勉強時間は200~300時間

・計算問題はパターンを覚えれば得点源になる

といったところです。

 

なぜこの試験が簡単といわれているのか疑問です。

最初、テキストの計算問題を見たときは、全然簡単な試験じゃないと思いました。

勉強時間が200時間~300時間だと宅地建物取引士と同じくらいの勉強量が必要ということです。

 

以上のことを踏まえて勉強していきます。

 

追記

管理人の試験会場は、「東京学芸大学」になりました。

東京学芸大学の場所は、「武蔵小金井」駅というところにあるようですが、管理人の家からだと片道3時間近くかかります。

しかも、ゴールデンウィークに入ったのに、まだ勉強してません。

きんげ
自宅から学芸大学まで遠いよなー
ぱんだ
不戦敗かな

 

測量士補受験してきたけど、全然わからなかったw

2018年度の「測量士補」試験を受験してきました。     測量士補試験は、測量業務を行う人のための資格試験です。測量士補試験は、国家資格になるので資格の登竜門としておすすめの資格 ...

続きを見る

-体験記
-

Copyright© きんげ , 2020 All Rights Reserved.