資格の部屋、主に資格と名所について取り上げます。

きんげの部屋

読書

戦国時代好きにおすすめといわれる山岡荘八の「徳川家康」を読む!読み終わるまで1年かかった

投稿日:2018年4月24日 更新日:

歴史小説好きなら読むべきといわれる人気の小説、山岡荘八「徳川家康」を読みました。

人気の歴史小説家はたくさんいますが、個人的にも「司馬遼太郎」、「吉川英治」と並んでよく読む歴史小説家です。

山岡荘八全集には、織田信長から坂本龍馬といった歴史上の人物を題材にした小説以外にも、子供向けみたいなものまで幅広い作品が掲載されています。

 

管理人が古本屋で購入した「徳川家康」は、ハードカバーでしたが、流通してるのは文庫本です。

 

講談社版のハードカバーだと18巻まででしたが、文庫本だと26巻まであります。

にゃんこ
世界で一番長い小説らしいよ

 

舞台は徳川家康の父親から徳川家康まで

徳川家康は、数え年75歳まで生きましたが、小説では、父「松平広忠」と家康の母「於大」との縁談から始まって、「大坂夏の陣」で豊臣家が滅びた翌年に家康が死亡するまでが描かれてます。

戦国時代中期から江戸幕府の始まりまでの流れがこの作品を読めば分かります。

 

小説「徳川家康」は、家康の父、「松平広忠」の時代から始まります。

徳川家は、元々「徳川」という苗字ではなく、「松平」という苗字でした。

当時の松平家は、東の大国「今川」家と西の新興勢力「織田」家に挟まれてました。

10歳という若さで松平広忠が「松平」の当主となり、この危機的な状況を回避するために広忠が取ったのが今川家への従属でした。

そして、徳川家康の長い人質生活が始まるわけです。

 

小説では、あまり知られていない家康の祖父「松平清康」についても結構触れられてます。

清康は、13歳で家督を継ぐと、10年余りで瞬く間に三河一帯に影響力を持つまでになりましたが、25歳という若さでお家騒動(守山崩れ)で死んでしまいました。

松平家の苦難は、清康の死から始まったようなものです。

 

山岡荘八「徳川家康」はアジアでも人気です

山岡荘八「徳川家康」では、人質時代から苦労して最後には戦国時代を統一するまでが描かれていますが、天下統一までの道のりは当然、順風満帆ではありません。

うまくいかないときに歴史上の人物がどうしたかは、会社の経営にとっても参考になりますので、小説「徳川家康」は経営者から支持されているそうです。

 

日本だと「織田信長」、「豊臣秀吉」と比べるとイマイチ人気がない「徳川家康」ですが、日本以外のアジアでは、日本の戦国武将で一番の人気だそうです。

特に韓国、中国では、山岡荘八の徳川家康がベストセラーになっていて、特に中国では「資治通鑑」や「三国志」に並ぶ人気らしいです。

 

あの「朴槿恵(パククネ)元大統領」も拘置所で山岡荘八の徳川家康を読んでいたそうです。

 

戦国武将人気ランキング

1.織田信長

2.真田幸村

3.上杉謙信

4.伊達政宗

5.豊臣秀吉

6.武田信玄

7.石田三成

8.徳川家康

9.前田利益

10.真田昌幸

 

きんげ
なぜ前田慶次がこんなに人気なのか

 

苦労が大成のもととなるという設定は、受け入れられやすい

家康の祖父清康は、お家騒動によって25歳で亡くなりましたが、その後に松平家を継いだ家康の父広忠もまたお家騒動で24歳で亡くなってしまいます。

広忠が亡くなると松平家の居城である岡崎城には今川家の家臣が入り、徳川家臣団はその後も苦労が続き、家康自身も今川義元が死ぬまで人質生活を強いられます。

今川家から独立した後も、「戦国最強といわれた武田家との対峙」、「姉川の戦い」、「嫡男の切腹」と苦労は続きます。

天下の覇者が織田家から豊臣家になったときも忍耐を重ね、関ケ原の戦いを経てようやく天下の覇者となります。

若い頃の苦労と忍耐が将来になって実を結ぶというのは、現代の人からも受け入れやすいのではないかと思います。

 

徳川家康といえば、「狸親父」のイメージが強いですが、名もない女性を気にかけたり、豊臣家を公家として残そうとしたり、この小説で描かれている家康は、他の家康とは違います。

生まれた時から人質生活を運命づけられ、成人しても苦労に耐え、日本の覇者となるのは「平和な時代を作り上げるためだ」という、山岡荘八「徳川家康」での家康は、聖人君子みたいなところもあります。

 

山岡荘八「徳川家康」読みごたえがあって面白いけど長過ぎる

結局、山岡荘八著「徳川家康」を読み終わるまで1年かかりました。

文庫本だと月平均で3冊読んでる計算です。

 

管理人は、出かけるときは小説を持ち歩くのですが、ハードカバーの本は持ち運びに向いてませんでした。

この1年は、布団に入りながら読書をして気づいたら寝てるという毎日でした。

 

確かに「徳川家康」は長い小説ですが、不思議と飽きることはありませんでした。

この作品を読めば中央の戦国時代の流れが分かるようになります。

山岡荘八作品には、「織田信長」「豊臣秀吉」といった作品もありますが、武将のイメージが似ているのか似たようなエピソードがあります。

 

山岡荘八全集は全部読みましたが、一番面白かったのがこの徳川家康です。

 

個人的には、「小説太平洋戦争」と並ぶ山岡荘八を代表する小説だと思います。

 

この本を読まずに歴史小説好きは語れないと思います。

 

-読書
-,

Copyright© きんげの部屋 , 2020 All Rights Reserved.