資格の部屋、主に資格と名所について取り上げます。

きんげの部屋

横須賀

「きんげのママチャリ旅」自転車で三浦半島一周・その1

投稿日:2020年10月23日 更新日:

ママチャリで三浦半島を一周してきました。

 

少し前にママチャリで観音崎まで行きましたが、思っていた以上にしんどかったので、三浦半島一周は当分先になるかなと思ってました。

実際やってみると、思っていたよりきつくはないし、遅くてもペダルをこげば確実に前に進むということです。

何より自転車に慣れてきたようで、2週間前だときつかった坂も、今は何とも思わなくなりました。

 

朝8時に出発して18時頃に戻ってきたので、ほとんど一日かかりましたが、貴重な体験ができました。

三浦市に自転車で来たことがなかったので、走ってる時は少し不安でしたが、何とか帰ってこれました。

「自転車で三浦半島一周・その2」

 

ママチャリで行く三浦半島一周の道

三浦半島一周をするにあたり、ただ自転車をこぐだけだと味気ないので、少しだけでもいいから観光名所に立ち寄ることにしました。

最初は、城ヶ島大橋を渡るかどうか迷いましたが、せっかくなので少しだけ城ヶ島にも寄ることにしました。

 

計画は立てたものの、実際にはその通りにはいってません。

富士山がうっすらと見えたので葉山の「旗立山」に上ったりしてますし、予定では城ヶ島から北上して三浦海岸を目指すつもりでしたが、スマホを眺めていて急きょ「剱崎」を目指すことにしました。

 

「小網代の森」と「くりはま花の国」にも興味があったのですが、さすがに時間が無いので今回はスルーしました。

 

今回は下のルートで行きました。寄り道も多かったので、何だかんだで90キロ近い距離になってしまいました。

鎌倉→逗子→長者が崎→秋谷→城ヶ島→剱崎→三浦海岸→浦賀→観音崎→ヴェルニー公園→逗子、といったルートをたどって行きます。

少しルートを変えたり、寄る場所を変えたりすれば、何度も楽しめそうです。

 

スポンサーリンク

とりあえず城ヶ島を目指して出発

持参した物

・スマホ

・モバイルバッテリー

・現金

・デジカメ

・本(現在、真田太平記を読んでます)

・ペットボトルのお茶

・かばん

 

鎌倉を朝の8時に過ぎに出発しました。

とりあえず、小坪トンネルを越えて逗子駅に出ます。

10年以上ぶりに自転車に乗った3週間前は、少しの坂でもきついと感じましたが、慣れてくると何とも思わなくなります。

 

2週間前は逗子駅まで40分以上かかってましたが、自転車に慣れてきたのか8時30分には到着できました。

この日の天気予報は、曇りでしたが降水確率はゼロです。

 

田越橋を曲がって川と並行して進むと、渚橋が見えてきます。

この渚橋からは、逗子の海と江の島を一望でき、天気が良ければ富士山も見えるので、夕陽を見るために人が集まります。

通過した時は、ぼやけてますが富士山と江の島が見えました。

 

鐙摺城址(旗立山)

渚橋から134号線を進んで行く予定でしたが、急きょ海側を走ることにしました。

目的は旗立山を登るためです。山といっても数十段の階段を登るだけの低山なので、大した時間は取られません。

ここには、三浦党の大多和義久の鐙摺城があったといわれてます。

案内板によれば、馬の鐙を摺ったことから源頼朝が名付けたそうです。

ボロくなった細い階段と雑草が生えた細い道を上っていくと、山頂は平らな土地になってます。

 

山頂には「伊東祐親入道供養塚」があります。

源氏が平氏に敗れ、源頼朝が伊豆に流された際の土地の豪族の一人が伊東祐親でした。

伊東祐親が留守中に、祐親の娘と頼朝の間に子供が産まれるのですが、帰宅後にそれを知った祐親は激怒して生まれた子を殺してしまいます。

一旦、頼朝は北条家に逃げますが、後に源氏が平氏を圧倒すると、祐親は捕らえられ、この地で処刑されたそうです。

ここからは、天気が良ければ富士山と江の島が見えます。葉山マリーナも一望です。

 

以前訪れたときは視界が開けてましたが、この時は雑草がぼうぼうでした。

 

森戸海岸と森戸大明神

旗立山を出て南に進むと、数分で森戸海岸に着きます。

この辺りでは、大型犬を散歩する人をよく見かけます。

逗子でのんびりと休日を過ごすのもいいですよね。

 

森戸海岸の隣には源頼朝が創建した森戸神社があります。

森戸神社は、恋愛、開運、安産、子授などの御利益がある葉山総鎮守の神社です。

奥の海岸から見える夕陽が美しいことでも有名なので、夕方になるとたくさん人が集まってきます。

 

真名瀬海岸からは、鳥居と葉山灯台、富士山に江の島のショットが見れます。ここはバイクや車で何度も来てますが、何回来てもいい眺めです。

 

この辺りは道が平たんなので、ストレスなくママチャリを走らせられます。

葉山美術館の辺りから、緩やかなアップダウンが続きますが、変速ギアがあるのでたいしたことありません。

 

葉山御用邸前から再び国道134号線を走ります。

ここから城ヶ島までは18キロです。

ここに来るまでに何台もの自転車を見ましたが、いずれもクロスバイクやロードバイクで、あっという間に抜かれました。

ママチャリは、ほとんど見ません。

 

スポンサーリンク

海を見ながら自転車を走らせる

緩やかな坂といっても、長く続くと次第に疲れてきます。

変速ギアを低速にすれば、坂を上るのは楽になりますが、あまり進まずストレスです。

そういえば、朝食を食べてないのでお腹が空いてきました。

この時間に開いている飲食店は付近にありませんが、道路沿いなのでコンビニエンスストアがポツポツあります。

 

長者ヶ崎に到着です。

まだ富士山が見えてました。この時点で9時15分くらいです。

長者ヶ崎もツーリング途中で立ち寄る人が多い場所です。この時期は、平日なら駐車場が無料で利用できます。

 

長者ヶ崎の近くの歩道からの眺めが良かったです。ここからの眺めは車やバイクだと気づかないでしょう。

高台からだと海もきれいに見えるようです。

 

長者ヶ崎から2キロくらい進んだところに「秋谷の立石」があります。

秋谷の立石は、昔から景勝地として知られ、初代歌川広重も「相州三浦秋屋の里」として立石を描いています。

駐車場が無料なので満車になりやすいですが、ここで自転車を組み立ててサイクリングに出発する人もいます。

 

天気が良いと、立石、梵天の鼻、富士山の三点セットが見れます。この日も見えることはできましたが、曇ってるので富士山がはっきり見えてません。

 

立石公園を出て、再び城ヶ島を目指します。

秋谷を過ぎてから城ヶ島までは、道路が少し山側になるので海とはお別れです。

 

秋谷から城ヶ島まで

横須賀の長坂から、当分の間は平たんの道が続きます。

横須賀の相模湾側は、電車が通ってないので不便ですが、不動産は安く買えるエリアです。

佐島入口に着いた時は、9時30分頃でした。

 

お腹が空いたので飲食店を探しましたが、朝早いので開いてる店がなく、仕方ないので1.3キロ離れたマクドナルドに向かうことにしました。

林交差点から衣笠方面に進んで行くと、武のマクドナルドに到着します。自転車なら10分くらいで着きます。

ソーセージエッグマフィンセットを注文して店内で食べました。店内にはおじさんが一人いただけでした。

店内で少し休憩した後、林交差点には10時過ぎに戻り、再び城ヶ島を目指して三崎街道を南下します。

 

自衛隊の武山駐屯地を通り過ぎ、地元野菜を直売している「すかなごっそ」の前を進みます。

左右は畑が広がっていて長閑でした。

 

三崎口駅の手前から坂になりますが、変速ギアでも疲れます。

10時20分頃に京浜急行線の三崎口駅に到着しました。自分で思っていたよりも早い到着です。

三崎口に来たのは正月以来です。観光客は意外と多かったです。

 

三崎口駅前を通り、引き続き坂を上って行きます。

緩やかですが長いのでママチャリだと結構きついです。

 

「城ヶ島入口」の交差点に到着しました。

引橋からは、下りと平たんな道なので楽です。おかげで距離の割に、思ってたより早く着きました。

 

城ヶ島大橋の料金所が撤去工事を行ってました。

以前は城ヶ島大橋を渡るのに通行料がかかってましたが、4月から無料になったそうです。

 

午前10時50分に城ヶ島大橋に到着しました。

 

ここまで自転車で来たおかげで、城ヶ島を近くに感じるようになりました。

 

城ヶ島を少しだけ散策

つい最近も城ヶ島がテレビに出てましたが、城ヶ島大橋の上から見る夕陽と富士山が絶景とのことでした。

絶景の夕陽を見にまた来ます。

 

この時の時間は午前11時過ぎですが、まだ富士山が見えてました。

なかなか良い眺めです。

 

こちらは富士山と反対方向の眺めです。彼方に見えるのは房総半島ですね。

海の水がきれいです。

 

せっかく城ヶ島大橋を渡ったので、少しだけ島内を見学していきます。

 

城ヶ島には、詩人として知られる北原白秋の記念館があります。見学は無料です。

建物の前の海岸にも記念碑が建ってました。白秋というと「城ヶ島の雨」が有名ですが、ここを訪れて初めてこの詩を知りました。

 

岩場はゴツゴツしていて段差があるので、歩くだけで疲れます。

釣り目的の人とハイキング目的の人をたくさん見かけました。

 

「馬の背洞門」にも行きました。

馬の背洞門は、海の波による浸食で出来た海蝕洞穴です。三浦半島の海岸を歩くと海蝕洞を見れます。

馬の背洞門の穴から日の出を見るのが人気なんだそうです。

 

猫島とも呼ばれるだけあって城ヶ島には猫が多く、この辺の猫は人に慣れてます。

この子も近づいても逃げずに「みゃー、みゃー」鳴いてました。

 

この時に時計を見たら、11時25分でした。

 

きんげ
さて、城ヶ島もそれなりに堪能したし、出発するか

つづく

「きんげのママチャリ旅」自転車で三浦半島一周・その2

当初は城ヶ島を出たら三浦海岸に向かう予定でしたが、思ったより早く着いたので、進路を東にとって「剱崎」まで行くことにしました。   剱崎と途中にある盗人狩は、釣りで訪れたことがありますが、眺め ...

続きを見る

-横須賀
-, , , , ,

Copyright© きんげの部屋 , 2020 All Rights Reserved.