資格の部屋、主に資格と名所について取り上げます。

きんげの部屋

Uber eats

Uber Eats (ウーバーイーツ)レポート・実践記録(9日目~12日目)

投稿日:2019年12月8日 更新日:

管理人は、Uber Eatsの配達をようやく50回達成した程度ですが、配達員の中には4,000回以上配達を達成してる凄い人もいるそうです。

 

50回達成までに2か月以上かかったのでかなり遅いペースかもしれませんが、年内は少しでも時間がある限りオンラインしていこうと思います。

 

50回達成した後から、「〇回完了すると○○円」というクエストが表示されるようになりました。

このクエストには、4日以内とか3日間でといった期間が定められていますが、こういうのがあると少し楽しくなります。

クエストを達成しても金額が低すぎてやる気につながるわけではありませんが、やるからには積極的に狙っていきたいと思います。

 

Uber Eatsは、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるし、気軽にできるメリットがあります。

報酬はそれほどでもないので、お小遣い稼ぎと割り切って働いています。

 

Uber Eatsのメリットとして、支払いが週払いということが挙げられます。

一般企業に勤める会社員だと報酬が月末締めの翌月25日払いだったり、月末払いだったりなので、給料日前の金欠の助けになります。

きんげ
給料前の厳しい時期は、Uber eatsの配達員で収入を得て乗り切ってはいかがでしょう

 

Uber Eats 9日目「配達員はエリア内ならどこでもできる」

Uber Eats 9日目は、横浜からスタートして4時間ほどオンラインしました。

ランチ時間なら平日でもリクエストが多いと思ってましたが、この日はあまり鳴りませんでした。

 

この日は、他の配達員も何人か見ましたが、市外ナンバーが多い印象を受けました。

Uber eats の今の配達エリアは、横浜市の一部ですが、今後は横須賀市や鎌倉市、藤沢市でも広がるといいですね。

特に鎌倉なんて需要がありそうな気がしますが……どうなんでしょう。

 

実はUbereatsの配達員は、登録さえしていれば、Ubereatsのエリア内ならどこでも稼働できます。

例えば、横浜で登録した人が、東京や大阪、福岡で配達員として稼働することもできます。

といってもバイクの場合はナンバーを登録してるので、レンタルサイクルのようにはいかず、自転車登録の人だけですが……。

 

ウーバーイーツ報酬報告

 

9日目は、オンライン時間4時間で、乗車回数6回、売上は3,375円でした。

ただし、5回のクエストをクリアしたので500円加算されました。

 

スポンサーリンク

Uber Eats 10日目「平日の日中はリクエストが少ない」

相変わらずUber Eats のアプリがおかしいです。

Uberの配達員は、アプリに定期的に顔認証を求められるのですが、この顔認証は不具合があるのか何度も撮らされます。今回も20回以上は撮らされました。

電気を暗くしたり、少し下げて撮影したり、いろいろ試してみましたが、おかげで少しだけコツのようなものがつかめた気がします。とはいえ次回の顔認証が10日後?くらいだと思うので、その頃には忘れている可能性が高いですが……。

 

Uber eats 10日目は、みなとみらいエリアからスタートしました。

この日もリクエストは少なく、午後から最後までオンラインにしてましたが、本を1冊読み終えてしまうほどヒマでした。

全体的にヒマでしたが、18時になった頃からは鳴るようになり、他の配達員もよく見かけるようになりました。

 

 

管理人は、基本的にはアプリの指示したルートを使って配送していますが、指示されたルートに階段を進むものがあって、700mくらい徒歩で行く羽目になりました。

少し大回りすればバイクで行けるはずなのに、歩いたために1件に30分以上かかってしまいました。

 

入力が間違ってなければ、基本的にはアプリは優秀ですが、入口を間違えることがほとんどですし、不具合もかなりあります。

 

入力されている情報と配送先のピンがずれることがよくありますが、これは不具合というより登録の不備が多いです。

配達先のピンと入力された住所が明らかに違う時は、Googleの音声認識を使って正しい住所を検索するのが便利です。

 

Ubereats売上

 

Ubereats10日目は、約8時間のオンラインで配送12回、売上は6,415円でした。

この日は平日だったので、ランチタイムとディナータイム以外は全然鳴りませんでした。

 

Uber Eats (ウーバーイーツ)11日目「週末はそこそこ稼げる」

「Uber eats は稼げない」

TwitterなどのSNSでよく見かけるツイートです。

 

管理人も10日目を終えてかなり慣れてきましたが、確かに稼げないと思います。

時給に換算したら、1,000円以上いくのは土日祝日くらいです。

 

ただ、Uber eats のメリットは空いた時間に気軽に働ける点です。

やりたくなければやらなければいいだけなので、どうせ稼げないと気負わず楽にやっています。

 

Uber eats は、学歴も国籍も関係なく始められます。

ニートの人の社会復帰なんかにいいのではないでしょうか。

とはいえトラブルが多いので、お客さんやUberのサポートと電話対応することはあります。それでもニートにとってみれば、企業に勤めるよりも精神的な負担は少ないはずです。

 

最低賃金以下しか稼げないことがほとんどのUber eats ですが、18時以降の3時間に限っては、時給1,200円以上は超えます。

バイクだとロングが多いので回数をこなすのは難しいのですが、土日のピーク時ならバイクでも1,200円、場合によっては2,000円以上いくこともあります。

 

Uber eats 11日目は、他の仕事のために早々と切り上げましたが、10時過ぎから15時くらいまではオンラインできました。

横浜駅からスタートしましたが、この日も配達ごとに北上して、気付いたら日吉にいました。

Ubereats11日目

 

この日のオンライン時間は4時間26分、配達回数6回、売上は2,639円でした。

あと10回で4,500円加算されたのですが、平日だと1日やっても厳しい気がします。

 

この日の時給は、595円でした。

出羽守
おい、とんでもなく低いぞ

 

Uber Eats12日目「丸一日オンラインしてみた結果」

12日目は、昼休憩を除いて丸一日オンラインしたらどんなものか試すことができました。

横浜のUberEatsは、活動できるのが10時から23時までなので、10時過ぎから22時50分頃までオンラインにしてました。

 

一応、モバイルバッテリーは持参してましたが、直に充電する方が早いので、ピークが終わる15時から1時間を休憩に充てて、オフラインしながら自宅で充電してました。

 

この日も、住所が登録されていない人、マンション名が記載されていない人がいたので、スムーズに配達できたとはいえません。

酷いのは1キロ以上離れているケースもありました。

おかげで今日もBADを付けられましたが、運営側にももっと注意喚起してほしいと思います。

きんげ
運営にBADつけたい

 

今日は20時過ぎから鳴るようになりましたが、それまではかなりヒマでした。

おかげで本を2冊も読んでしまいました。

 

それと、初めてダブルピックを経験しました。

ダブルピックの場合、どちらも店舗までの時間が同じなので、タップできてないと勘違いしやすいです。勘違いして続けてタップするとダブルピックを受注してしまいます。

1件をキャンセルすることも考えましたが、夜遅くて配達員が少なそうだったので受けることにしました。

ダブルピックの場合は、ピーク料金が半額になるようです。

この辺の説明も登録時にあるといいのですが……、まあ、しかたありません。

 

UberEats12日目

 

今回は、平日に一日中オンラインしたらどうなるか試したかったので頑張ってみましたが、平日だと1日やっても1万円いくのは難しいです。ブーストがなかったら8,000円以下です。

 

Uber Eats 12日目は、オンライン時間11時間43分、配達数18回、売上8,555円でした。

時給換算すると、730円でした。

 

 

おわりに

現在、横浜駅周辺に住んでますが、住まいと事務所の家賃負担が大きいので、横浜を離れるかもしれません。

そうなったらUber Eats もあまりできなくなりそうです。

 

とはいえUber Eats 30日目の達成までは頑張るつもりです。

 

-Uber eats
-,

Copyright© きんげの部屋 , 2020 All Rights Reserved.