資格の活用を考える、主に資格と名所について取り上げます。

きんげ

資格試験受験体験記

きんげ
高校生の頃に簿記の授業があったことがきっかけで資格に興味を持つようになりました。

また、当時は資格の学校の宣伝もあって資格ブームが起きていました。

 

資格ブームは、景気とも関連するようで、景気が良いと受験者は減り、景気が悪くなると受験者が増加します。

管理人が社会人になったときは、バブルも終わった「大氷河期」と呼ばれているときでした。

 

周りの人たちからは、旅行や自分のやりたいことを我慢して資格の勉強といった自己投資に励む人が出てきました。

管理人の同級生には、学校の授業以外に資格の勉強をする子がいて、その子と一緒にいたら影響を受けるようになり、資格の勉強を始めました。

また、当時は雇用保険の教育訓練給付も多く出ていたので、資格の学校のPRにより資格ブームが起きていました。

 

資格ブームとドラマがきっかけで人気資格となったのが「カバチタレ」で有名な行政書士です。

管理人の周りでも「カバチタレ」を観て行政書士の勉強を始めた人もいます。

元々、行政書士の試験は宅地建物取引士(旧名:宅地建物取引主任者)と同程度の難易度だったといわれていますが、年々難化していき難関資格となりました。

 

行政書士については、管理人が受験したときは合格率が高かったので、参考にならないかもしれませんが、実際に体験したことなので書き記すことにしました。

 

資格試験受験体験記

日商簿記3級

日商簿記1級

全経簿記1級

全経簿記上級

社会保険労務士

少額短期保険募集人

・証券外務員二種

証券外務員一種

宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)

管理業務主任者

貸金業務取扱主任者

2級ファイナンシャルプランニング技能士

・1級ファイナンシャルプランニング技能士

CFP(FP協会認定)

住宅ローンアドバイザー

生命保険募集人

全国経理教育協会(所得税法1級・法人税法1級・消費税法1級)

介護職員初任者研修

測量士補

・初級システムアドミニストレータ

職長・安全衛生責任者教育

高所作業車(10m未満)運転特別教育

・行政書士

・統計士

 

・原動機付自転車

・普通自動二輪車

・中型自動車

 

単体では意味がないもの

・財務諸表論(税理士)

・簿記(税理士)

・所得税法(税理士・不合格)

 

受験する資格について

管理人が受験した資格試験は、基本的には仕事と関係するものだと思っていましたが、よくよく考えるとそれほどでもなかったり……します。

 

喫茶店に行くと資格の勉強をしている人をよく見かけるようになりました。

管理人も喫茶店で勉強することもありますが、実際に資格が必要になる業務は少なかったりします。

だからといって資格の勉強が意味がないとは思いません。

 

周りに聞いても努力して資格を取得した人ほど勉強してよかったといいます。

きんげ
管理人も資格の勉強を通して知識が増えていった分野もあります。

 

一番リターンの大きい投資は、自己投資といわれています。

自己投資には、読書やセミナーに参加するといったことも含まれますが、資格の勉強も自己投資です。

若いうちは、貯金するくらいならどんどん自己投資をして、スキルを磨くべきだと思っています。

 

難関資格であっても出来ることはそう多くない

社会保険労務士の資格を取って初めて気づいたのは、登録しなければ出来ない仕事というのは意外と少ないということです。

社会保険労務士にしかできない業務は手続きに関することだけで、年金相談やコンサルといった仕事は資格がなくてもできます。

取得した資格試験の中には、難関といわれる資格もありますが、資格を取ったからといって出来る仕事が増えることは、実はそう多くはありません。

 

きんげ
今後も受験する資格については、なるべく仕事と関係性があるものにしていこうと思ってますが、様々なことに興味があるので自信はありません。

 

現在、興味がある資格

現在、興味がある資格(受験するか不明)についてあげておきます。

・アロマテラピー1級

・不動産鑑定士(1回目不合格)

・マンション管理士

 

 

投稿日:2018年3月20日 更新日:

Copyright© きんげ , 2020 All Rights Reserved.